キミ(たち)が大好きだ〜!

さあ夢の続きを。

私のはてブが生きてたというだけの話

最近やたらとTwitterのTLにどちゃくそ素敵なはてブが流れてくるので、そういえば私も昔(といっても2年くらい前)やってたな〜と思って、久しぶりにアプリをインストール。アカウントを消した気もしていたけど、残っていたら自己記録用としてまた使い始めるのもいいかもしれないなとも思って。

アプリを立ちあげるとログイン画面が出てくる。記憶を辿り、当時使いまくっていたであろうメールアドレスとパスワードをぶち込むとあっさりログイン。お願いだからもっと分かりにくいのにしてくれよ乗っ取りとか怖いぞ……と思いつつ、こうしてログインできたので少し感謝した。

ログインして真っ先に飛び込んできたのは「記事一覧」。

ちょっっっっっっっっと待ってくれ

なんで?!なんであのクソみたいなブログ(2件)が全世界に見える状態になっているわけ?!?

ログアウトするにも関わらずブログを公開しっぱなしにしていたという状況があまりにも理解できなくて1度は思考が停止したものの、脳内に住んでいる塚田氏に似た天使が大丈夫?自分を取り戻して!と声をかけてくれたおかげでなんとか私は正気を取り戻し、急いで2件の過去記事を下書きに移した。(脳内に塚田氏に似た天使がいる時点で正気ではない)

なお下書きには他に5,6件の記事が入っていて、厳選した結果2件が公開状態になっていたと推測。アホ。全部下書きに移しとけや。

と、まあ色々あって今に至ります。

とりあえず最初だし何か書こうと思って1番初めに思いついたのが、担当と推し(複数)の話だったけどいきなりそれはハードルが高すぎるのでどうでもいい話から始めてみた。本当にどうでもいい話だった。すまん。

ちまちまどうしても全世界に聞いてほしい話とかどうでもいい話とかを更新していきたい。です!!!!!!!(願望)

さて次はいつになるやら。